メイン画像

食べ過ぎと頭痛の原因

食べ過ぎによる頭痛は内臓の疲労が原因です

食べ過ぎると頭痛や体調が悪くなる方がいます。

その方の多くは消化機能が弱かったり、排泄がうまくできない方が多いです。

特にこのような原因が考えられます。

 

 

1.内臓の歪みによる頭痛

内臓が歪んでいると正しい機能ができず消化や排泄に影響が出ます。

また血液が回復させようと内臓に集まるので頭に血液がいかなくなり頭痛の原因になります。

 

2.消化機能の低下

消化器系の内臓が疲労すると食べた物が排泄できず頭痛の原因になります。

食べすぎたり、早食いしたり、外食が多い、油ものが多いなどは頭痛の原因になります。

肝臓や胆のう、膵臓、胃などが関係しています。

 

 

3.内臓下垂による頭痛

内臓は疲労すると重くなり下に下がります。

その影響で内臓下垂します。

ご飯を食べるとお腹が出る方は内臓下垂です。

内臓が下に下がると筋肉なども引っ張られ肩こりや頭痛が出やすいです。

 

 

気をつけること

1.腹8分目に抑える

食べ過ぎると消化の方に血液が行き症状がでる方が多いです。

余裕を持たせることで体は落ち着いてきます。

 

 

2.よく噛んで食べる

良く噛んで食べるだけでも頭痛は抑えられる場合もあります。

早食いの方が多いですが噛むことを意識できるといいと思います。

 

 

3.油ものや甘いもの、刺激物に気をつける

油ものが原因で頭痛が出ている方が多いです。

肝臓や胆のうが疲労し慢性的な疲労につながります。

また砂糖や小麦、カフェインなどが負担になっている方も多いです。

 

 

内臓を整えて消化できる体を作る

いくら食事を気をつけても内臓が歪み正しく働けないと頭痛は改善しにくいです。

整体で内臓を調整し頭痛がでない状態を作ることをおススメします。

 

頭痛や不調は体からのサインです。

 

もし健康になって頭痛を改善したいとお考えであれば今すぐご予約のお電話を下さい。

その場で変化を実感できることをお約束します。

 

 

ご予約はコチラ

048-711-8863

営業時間 10:00~20:00 定休日 不定休

24時間メール予約はこちら