メイン画像

急増中の頭のてっぺんが痛い頭痛!

あなたはこのようなことは当てはまりませんか?

●頭のてっぺんが盛り上がっている

●頭のてっぺんが固い、頭皮が動きづらい

●ストレスが溜まっている、疲れが取れない

●寝ても朝から疲れている、夢を見る

●病院で検査をしても異常がない

●薬を飲んでも効かない、その場だけ

●顔が歪んでいる、細長くなった気がする

●生理痛や生理不順がある

●冷えがある、末端が冷えやすい

●頻繁に頭痛がある、天候によってひどくなる

●足が疲れやすい、むくみがひどい

●常に頭が重い、目が疲れる

●姿勢が悪い、猫背である

●コーヒーや甘いものをよく食べる

●顎がガクガクする、食いしばりがある

 

頭のてっぺんが痛い頭痛の原因

あなたの頭のてっぺんが痛い頭痛の本当の原因とは?

それは自律神経の乱れが原因で起きることが多いです

自律神経が乱れると体を緊張させ筋肉や血管を収縮させます。

その影響で血管や神経が固くなり締め付けられることでズキズキしたり、頭を触ると痛かったり、締め付けられたり、重くなったりします。また神経痛みたいな症状おきる場合があります。

病院で検査をしても異常がない頭のてっぺんが痛い頭痛の8割は自律神経の乱れが原因のことが多いです。

 

 

頭痛を改善できない8割の方が受けている治療とは?

・病院で薬をもらったり

・首をけん引したり

・首の骨をバキバキしたり

などが主流です。

残念ながらこのような治療では頭のてっぺんが痛い頭痛の根本原因は改善できないでしょう。

無理な治療により症状が慢性化していく可能性があります

 

 

どうすれば頭のてっぺんが痛い頭痛は改善できるの?

それは頭のてっぺんが痛い頭痛の根本原因を治療すればいいのです。

多くの場合自律神経を乱す5つの原因が関係しています。

 

1.頭蓋骨の歪みによる頭痛

頭蓋骨が歪むことで脳にストレスがかかり頭痛が出ることが多いです。

そして頭のてっぺんの骨が固く歪んでいると特に頭痛が出やすいです。

頭のゆがみを改善してっぺんの緊張をとることで頭のてっぺんが痛い頭痛を解消することができます。

 

 

2.内臓の歪みによる頭痛

内臓が疲労すると重くなりゆがみます。

また内臓は自律神経を支配しているので内臓が働かないと自律神経も乱れ頭痛の原因になります。

頭のてっぺんが痛い頭痛は胃腸系や婦人系の内臓と関係もしてきます。

消化がうまくいかなかったり食べ過ぎたりすると頭のてっぺんが痛い頭痛の原因になります。

内臓を調整し正しい位置に戻すことで頭痛を改善していきます。

 

 

3.足の硬さや重心の悪さ

頭のてっぺんが痛い頭痛の方はかかと重心の方が多いです。

靴の後ろが削れやすかったり足の前にタコができたりする方は首と頭に負担がかかります。

なので重心を整え頭や首の負担を減らすことで頭のてっぺんが痛い頭痛が出ないようにしていきます。

 

 

4.姿勢の悪さや呼吸が浅い

姿勢や呼吸が浅いと頭に酸素や血液がいきにくくなり頭痛の原因になります。

常に頭が重い、疲れが取れない方は酸素不足です。

姿勢を改善し呼吸を吸えるように調整することで改善していきます。

 

 

5.コーヒーや甘いものを控える

コーヒーや甘いものは自律神経を乱すことがあります。

体を緊張させ筋肉や神経を緊張させ頭のてっぺんが痛い頭痛の引き金になる場合があります。

特に元気がないときや不調がある時はなるべく控えることをお勧めします。

頭痛が改善し元気になったら飲みましょう。

 

 

2ヵ月以上続く頭のてっぺんが痛い頭痛でお悩みの方へ

これだけの期間続く場合は自力では改善することは難しいかも知れません。

当院のような専門家に見てもらうことをお勧めします。

 

今あなたに必要なのは頭痛を我慢しながら仕事や家事を頑張り続けるのではなくあなた本来の元気な身体を取り戻すことです。

 

もしあなたが

本気で頭痛を改善したい

無駄な遠回りはしたくない

健康になりたい

とお考えであれば今すぐご予約のお電話を下さい。

全力でサポートします。

 

 

ご予約はコチラ

048-711-8863

営業時間 10:00~20:00 定休日 不定休